ハワイ旅行を目指すセコマイラーのつぶやき

2017年陸マイラーデビュー。セコいポイント集めと、たまにクレカや旅行について綴っていきます。

ハピタス経由じゃらんが少しお得で温泉を予約

週末、温泉に行こうかということになりました。行き先は鳥取県にある皆生温泉。今回も自動車の旅です。
皆生温泉に決めたのは、行ったことがないという父の意向で。久しぶりの遠出です。

旅館を予約するためには、まずハピタスにアクセス、するとじゃらんが2.4%のポイント付加になっていたので、楽天ではなくじゃらんにしました。

よくよく考えてみれば、楽天ポイントANAに直接移行できるので、楽天でもよかったのかもしれません。旅館によってはポイントが10倍というのもありますしね。でも、ここはポイント⤴️中のじゃらんで。

エクスペディアの方が4.2%の付与率の上キャンセル料がかからないので有利なのですが、登録数が少ない上、口コミが日本語でない場合もく、外国語が不自由な私には向きません。


検索すると結構高い!ん〜どうしよう…

これだけの値段を払って失敗はしたくありません。どこに決めるか迷います。

途中でアメプラのコンシェルジュに電話しようかと何度か思いました。
時間がないこともあって、口コミをチェックして、写真を見て、料理も確認して、という作業が少し面倒だったのです。

でも、ポイントアップ中のじゃらんが思い留まらせました。

ポイント生活を始めてから、アメプラ・コンシェルジュの出番は少なくなりつつあります。


結局決めたのは皆生温泉の白扇。

9年連続★皆生エリア売れ筋No.1★じゃらんOF THE YEAR受賞の宿

というお宿です。

これでポイントが少し増える予定です。が、付与される時期が問題です。

180日から410日。410日って、1年以上も先のことです。

ちなみに楽天はというと、

90日から135日。随分と違います。獲得ポイントがすくなても、楽天トラベルの方が良かったかもしれません。

実際には410日もはかからないとはおもいますが、じゃらん最短の180日より楽天トラベル最長の方が早いんです。これはよくよく考えて選ばないといけないということですね。

うっかり者の私は、そんなこと確認せずに予約してしまいました。次回へ気をつけようと思いました。

シンガポールプレエコからのアップグレードとハワイ路線でのアップグレードについて調べてみました

先日、シンガポール旅行を決めました。

shue-a.hatenablog.com


プレエコ、初めてなので楽しみです。楽しみなんですが、ビジネスにアップグレードできたらな〜、とも思っています。だって、夜中移動で1泊、かなりのハードスケジュールです。プレエコよりビジネスで移動できたらいいですよね。

ということで、あらためてアップグレードについて調べました。

アップグレード必要マイル

まずはアップグレードに必要なマイル数を調べました。
ANAのサイトから。

f:id:shue-a:20170608233430p:plain

必要マイルは区間基本マイレージで決まっていますね。

シンガポールまでの基本マイルは?

f:id:shue-a:20170608233032p:plain


何かとお世話になるこのページ。
ちゃんと区間基本マイレージも調べられました。それによると3,312マイルです。ということは18,000マイルでビジネスにアップグレードできます。

値段f:id:shue-a:20170608234829p:plain

時期によって変わってくる航空券のお値段。それを承知でプレエコとビジネスとの値段を比較してみます。

まずはプレエコ。
f:id:shue-a:20170608232950p:plain

アップグレード可能なエコノミー
f:id:shue-a:20170608234648p:plain

ビジネスクラス
f:id:shue-a:20170608234829p:plain


アップグレード対象のエコノミーよりプレエコの方が安いんですね。これをもしビジネスクラスにアップグレードしたら、13万円の差があります。
ビジネスクラスを購入するより安く、特典航空券を発券するよりもはるかに少ないマイルでビジネスクラスに搭乗できます。エコノミークラスより安いのもびっくりです。


そこで、この方法をハワイ路線でできないかなぁと妄想してみました。

ハワイ路線の値段。

アップグレード可能なエコノミー
f:id:shue-a:20170609001820p:plain

プレエコ
f:id:shue-a:20170609001834p:plain

ビジネスクラス
f:id:shue-a:20170609003027p:plain

羽田着のビジネスクラスは最安値段ではでてきませんでした。とはいえ、ビジネスクラスが20万円であるんですね。プレエコより安い!

わけはないので、再度同じルートでのプレミアムの値段はこちらです。

f:id:shue-a:20170609003349p:plain

やはりわずかながら安いです。

結論

この値段の差なら最初からビジネスクラスでの発券が良さそうです。もしくは、特典航空券の発券です。

ということで、調べるまでもなくハワイ路線のプレエコからのアップグレードより、特典航空券の発券を目指すべきという結論に達しました。


こうしてみると、シンガポールのプレエコ、ありえないくらい安いですね。それともハワイ路線のプレエコが高いのでしょうか。

6月1日現在の保有ポイント

先月は保有ポイントの報告をしませんでした。
正直に言うと、「できませんでした」

なぜなら、公表するほどの保有ポイントがなかったからです。

実は、今月もありません。

現在の保有ポイント

サイト 保有ポイント
ハピタス 55
ちょびリッチ 399
Gポイント 934
お財布.com 1915
楽天 4575
.money 6958
ANAカード 1775

アメックスは移行しないことに決めたので省きます。

こうしてみると、ほとんど増えていないどころか減っていることがわかります。


そんな中、以下の二つだけは増えています。

東京メトロ 62859
ANAマイル 55627

そして何より、5月には初の東京メトロから移行したマイルが反映されました。

f:id:shue-a:20170601232329p:plain


この時には次のANAマイルへポイントの移行手続きをしていますので、今月には反映されるでしょう。

今年に入ってから始めたポイント生活の成果がいよいよ形になってきたのです。

大きな案件としては証券会社1件、クレジットカード発行が1件、ビックローブの契約といった程度です。それだけで達成できるとは思っていませんでした。

でも、こうしてみると結構溜まったな〜、と思います。

一番多くポイントを獲得できたのは、実はちょびリッチでした。

たまたま大型案件に当たったのかもしれません。

ゲームも準備されているなど、色々と工夫をされているので、初心者向けのサイトでもありました。



サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ


始めた時には半信半疑だったのですが、あと少しでハワイ旅行に手が届きそうなところまできました。目標に向かって、セコセコしながら、歩みを進めていきたいものです。

SFC修行?シンガポール旅行決定。

友人がSFC修行を本気で取り組み始めました。パートナーも後押しをしてくれているようです。

今予定をしているだけで9月には3万PP達成できるかどうか微妙なところらしいのですが、詰めて修行するには時間が足りません。彼女も仕事をしているのです。

本当なら来年あたりポイントを貯めて修行の予定が、ニューヨーク旅行がユナイテッド航空だったため5千PP、東京4回行くことは決まっていたので、どうせならと決心したらしいです。本当に変な道に誘い込んでしまった。。。反省しています。

7月から9月は修行に割く時間がないので、10月にSINタッチをしたいと言いい出しました。この道に誘い込んだ(わけではないのですが。。。プレミアムクラスの利用やラウンジの利用を誘っただけです)責任があるので、一緒に行くことに。

でも、私はもう解脱の身、今年はあまり旅行の計画がないので、SINタッチの魅力は全くないのです。多分ブロンズにも届きません。メリットといえばマイルの獲得です。ハワイ旅行に大きく貢献しますからね。


仕方がない。0泊でも行くかなと思っていたら、友人のパートナーがまさかのダメ出し。

「そんな怪しげな振る舞いをして、もし、入国検査等で質問されたらあんたら英語できちんと説明できるのか?そんなリスクを冒さず、ちゃんと旅行をしてきなさい」

なんとできたご主人でしょう。

シンガポールSFC修行だけではなくJGC修行の方々も訪れているはずだから、そんなことはないと思う。でも、せっかく行くのだから観光もしてみたい、ということで1日有給を取得する覚悟を決め、まっとうな旅行をすることにしました。

本当なら沖縄へ飛んでから出発したいのですが、まっとうな旅行をしてきなさい、ということなのでまっとうに岩国空港発のシンガポール旅行になります。

航空券はもちろんANAのサイトで押さえても良かったのですが、アメックスのサイトで検索してみるとあの有名はラッフルズホテル2泊、日本からの航空券込みで188,000円という金額が出ました。ファインホテル&リゾートなので朝食付きです。

「安くない?」

と思うあたり、感覚が大幅におかしくなっています。


ラッフルズホテルに宿泊、いいよね。。。泊まってみたいよね、と既に当初の目的(それすらもおかしいのですが)をすっかり忘れたかのように浮かれています。

ところが、問題が2つ。

オンライントラベルで予約すると最低でも2泊はしないといけません。また、基本がエクスペディアのため、岩国空港発が検索できないのです。

友人と打ち合わせを兼ねて食事をする際、アメプラ・コンシェルジュに投げてみても良いかの確認後、電話をしました。

航空券、ホテル予約を依頼、マンダリンホテルに決めました。決め手はツインベッド確約。オーシャンビューのお部屋です。

航空券とホテル予約が別々のため、1泊でもOKでした。総額はプレエコ利用で一人15万弱になりそうです。


ANAの旅作も2泊が条件なため比較にはならないのですが、同じホテル1泊で検索すると16万円超になるので、少しばかり安いようです。

ということで、今年2回目の海外旅行決定です。


今から市内観光等の計画を練るのですが、それもコンシェルジュから何件か提案してくれるようです。多分とーっても高いんだろうな。

旅程は岩国空港を最終便で出発、羽田経由シンガポールシンガポール1泊後、成田に戻り羽田へ移動、そして岩国へ。

1泊3日の短期の旅行ですが、初めてのプレミアムエコノミー、初めてのシンガポールと楽しみが出来ました。

これで1万PP以上は確実に取得できます。PP単価はざっと10円計算なので、岩国発としては悪くない数字です。

もし、当日プレミアムクラスの設定があり、空きがあったら変更してもいいかなと、密かに思っています。

今年はアップグレードポイントがありますから、ビジネスへアップグレードできないものかなとも思っています。ただ、友人はまだ修行中なので、マイルはなるべくSKYコインに回したいだろうから、微妙なところです。

残価設定型クレジットとは

先日、車に乗っていたら聞いたことのない音がして、警告灯がつきました。
初めてのことなのですぐにディーラーに持ち込み、原因を調べてもらいました。

修理は意外に費用がかかり、年式も古いことから対費用効果が低いと判断、買い替えを勧められました。

買い替えねぇ・・・古いとはいえまだ10年未満。エンジンにも足回りにも異常がないのに買い替えるのは惜しいな、と思う反面、自動追尾装置とか興味があります。もっとハッキリ言えば、欲しいです。

今乗っている車が車検の時に、営業マンから聞いた自動追尾装置。これがあると高速道路の運転がものすごく楽になりそうだと思いました。それからずーっと欲しいな〜と思っておりました。でも、自動車ですから、安くはありません。高いです。


うちは昔からローンで自動車を購入したことがありません。購入費用が溜まらないと自動車が購入できません。そんなものだと思っていました。だからいつも10年以上10万キロを超えても乗っていました。10年超えても別に不具合が出ていないのに買い替えると話が出た時にはまだ早いのに。。。と思うくらいです。

ところが今回は10年にも10万キロにも満たないのに買い替えです。


予定外の出費です。家も古くなって色々と修理・修繕をしている最中です。そんなに高い買い物はできません。今までだって高級車に乗っていたわけではないのですが、予算が厳しい。。。

ということで、複数のメーカを見に行くことにしました。試乗です。


実は試乗なんかしたことはありません。ハッキリ言って「わかりません」

車に詳しいわけではないですし、ローンを組んで購入するわけではないので、いつも同じような車になります。試乗する必要がないわけです。


ところが、今は状況が違います。色々と安全装置が付いていたり、ハイブリッド車だったり、電気自動車だったり、条件が違います。

といっても、やっぱりわからない。わからないけど、試乗を勧められるとつい乗ってしまいます。運転は嫌いじゃありません。車種に興味がないだけです。


ということで、週末5車種7種類の車の運転をしました。このよくわかっていない客、しかも飛び込みの客に対して営業マンは親切でした。ありがたいことです。


そして見積もりやら査定やらしていただく過程で本日のテーマ、残価型クレジットというものの存在を知ったのです。

残価設定型クレジットとは

残価設定型クレジットとは、新車の3から5年後の下取り価格を割引いて、ローンを支払っていく仕組みです。一定の割合で3年から5年後の自動車の価値を決め、その金額を最終支払い金額とし、3年から5年後にどうするかを決めます。

選択肢は3通り

  • 同じ店で新車を購入

 新たにローンを組み、乗り換え。

  • 別の店で購入、または新たに車に乗らない。

 返却し、支払いが終了。

  • 引き続き同じ車に乗り続ける。

 残価を一括、もしくは残価支払いのローンを組む。

一番詳しく説明してくれたHondaからのサイトから
f:id:shue-a:20170529224957p:plain

残価設定型クレジットのメリット

  • 月々の支払いが少なくなる。
  • 下取りの金額を気にしなくてもよくなる。
  • メンテナンスや車検料も含まれることもある。(設定のないメーカーもあるようです。
  • 一般的なローンより金利が低い(かもしれない)

残価設定型クレジットのデメリット

  • 支払いが終わるまで自分の所有物にはならない。
  • 審査に通らないこともある(?)
  • ローン終了後買取をすると、現金支払いに比べて総額が高くなる。

残価設定型クレジット取引条件

これについてちゃんと条件を示してくれたのはHondaだけでした。もっとも、最後に訪問したため、こちらから見積もり条件に入れたということが大きな要因であると思います。

それによると、

  1. カーチェックによる内外装に関する減点が【100】点以内であること。
  1. 走行距離が契約のそう支払い回数に応じて【60】回払いの場合、【1,000】km。
  1. 違法改造、事故歴等(未修理を含む)がないこと。

内外装の減点は置いておいて、他の要件は我が家には合っていると思います。勝手に車に手を入れるような趣味はありません。以前と違い軽自動車が普段の足なので、普通車は遠出用もしくは大人数で出かける場合のみの利用です。近場は軽自動車が便利ですよね。

ということで、残価設定型クレジットで購入する方向で検討に入ることとなりました。

あとは車種の選定です。それが難しい。。。

アメックスプラチナより国内リゾートアクセス終了のお知らせ。国内リゾートアクセスって?

アメックスからのメール、最近はよくチェックするようになりました。以前は全くと言っていいほどチェックしていませんでした。なぜチェックするようになったか?

ブログネタにならないかなぁと思うからです。気分はすっかりプロガーです。


今回は国内リゾートアクセス終了のお知らせが。

プラチナのサービス終了のお知らせには慣れています。特にがっかりもしません。だって、国内リゾートアクセスって何?と思うくらいですから。

国内リゾートアクセスとは

「星のや」における優待サービスです。
f:id:shue-a:20170525230641p:plain

写真はホームページから拝借しました。


「星のや」「星のやリゾートリゾナーレ」は滞在中1回限り夕食無料サービス。
「星のやリゾート界」は部屋のアップグレードと滞在中1回限り朝食無料サービス。

星のやって?

公式ホームページには「圧倒的非日常感に包まれる日本発のラグジュアリーホテル」とあります。

圧倒的非日常感ってなんでしょう?

やはり公式ホームページからです。
f:id:shue-a:20170525231904p:plain

うーん、無理だわ。。。テレビがないなんて。。。海外ならいざ知らず、国内でテレビが無いなんて無理だわ。

だってね。普段あんまりテレビを見ないから、せめて休みの時ぐらいのんびりとテレビ見たいんです。土・日だって色々としていたらテレビなんて見ている暇ありませんよ。旅行に出た時くらいテレビ見たい。

あと、旅先でローカルなコマーシャルを見るのも面白いですよね。へぇ、こんなお店があるんだとか、色々と発見があって。

ということであまり、星のやに興味がなかったんです。お値段もお高いですし。。。

国内リゾートアクセス終了による影響

個人的には全くありません。

ただ、この記事を書くにあたって、初めて星のやのホームページにアクセスしました。当然、各ホテルの紹介が写真入りで掲載されています。それを見るとなるほど、と思いました。

画一的な建物ではなく、各地で建物の形状が違うんですね。なるほど、人気があるわけです。

写真のマジックもあるのかもしれませんけど、一度くらいは行ってみたくなりますね。

星のやファンでアメプラ所有者の方には影響があるのかもしれません。

まとめ

6月末までの宿泊でサービスが終了するので、それまでに利用することがあればちょっとお得に泊まれるサービスです。

終了するから予約する人ってどのくらいいらっしゃるのでしょうか。

*気になること

こういう特典がコロコロと変わるのはカード会社の判断なのか、提携先の判断なのか。

特典の金銭的な負担はカード会社なのか、提携先なのか。

以上の2点はどうなっているのか、ちょっと気になります。

国際線利用の際に荷物を空港まで送る時の費用は、アメックスが負担してるのだと思うのです。だから、変わることがないのかなと。

ちょっと気になるけど、どうしたら調べられるのか、そもそも、そんな内情を公表してるのか。。。

そんなことも思いました。

株式併合って? ちょっとだけ勉強しました


ANAの株主になりました。詳しく(もないけど)はこちら。
shue-a.hatenablog.com




ポイント案件としての投資だったので、その後一切の動きはありません。


ちょっとは興味がないことは無いんです。でもねー、手数料が取られるじゃないですか。。。

何だか損した気分になるんですよねー。なにせセコマイラーだから^_^;


そんなセコマイラーにも密かな楽しみが出来ました。それは

株式優待券!
もありますが、

配当金‼︎


何を言ってるんだ⁉︎分かってないのか?株の配当金なんか大してないぞ!

と突っ込んで下さる方、ありがとうございます。


ええ、ええ。百も承知でございますとも。

一株6円。1,000株で6,000円。それから税金が引かれるので手取りは5,000円もありません。

でも良いんです。生まれて初めての不労所得です。貯金の利子はありますが、今、利子なんてつかないも同然ですから、、、

働かなくてもお金をいただけるなんて、生まれて初めてのことです。意味不明ながら、ちょっとウキウキ。


ずーっと放っておいた証券会社にログインしてみました。お昼やすみ、暇だったものですから。。。

そしたら私のANA株にがついています。何?何かあったのか?

クリックしてみたら、株式併合なんたら・・・?


f:id:shue-a:20170522194901p:plain

株式併合って何?

既存の数個の株式を1株に統合することにより、発行済み株式数を減らす方法。たとえば、2株を1株に併合すると(併合比率2対1)、発行済み株式数は半分になるとともに、理論価格は2倍になる。理論上、株式併合自体は株式価値には、影響を及ぼさない。
ただし、株式併合は1株に満たない端株主を増やすなど株主の利益に重大な影響を与えるので、2001年の商法改正以前は、原則として株式併合を禁止し、例外的に資本減少など一定の目的の場合にのみ認められていた。

米国では、1990年代の株価上昇局面で、個人投資家株式投資を促進するために、株式分割を積極的に行い、株価を引き下げた。しかし、2000年以降、株価が低迷すると、逆に、株式併合する企業が増加している。

日本では、2001年の商法改正により、単位株制度が廃止され、単元株制度が新たに導入されるなど、株主制度の自由度が高まっている中、株式併合をめぐる法制度も規制緩和が行われた。具体的には、株式併合を必要とする理由を開示して、株主総会の特別決議による承認を得れば、さまざまな目的で実施することが可能となった。

野村証券証券用語解説集より引用

わ!わかんない用語がいっぱい出てきました。

併合だから沢山のものを一つにする、ということであってる?。
今回の場合、10株を1株にするということなんですね。
1,000株あったのに100株に減らされるのね。なんだか損をした気分です。

株式併合のメリット

企業側のメリット

  • 管理コストの低減。

正直、株式併合が管理コストの低減に結びつく理由がよくわかりません。1,000株→100株にしたところで、株主が減るわけではありませんから。でも、そう書いてあるからそうなんでしょう。

株主側のメリット

特になさそうです。

株式併合のデメリット

こちらはわかりませんでした。わからなかったということは、デメリットはないということでいいのかな。

ANA株式併合の理由

ANAの発表によれば以下のとおりです。

単元株式数の変更

単元株式数の変更を必要とする理由
全国証券取引所は、投資家等の市場利用者の利便性向上等を目的として「売買単位の集約に向けた行動計画」を公表し、上場する国内会社の普通株式の売買単位(単元株式数)を 100 株に統一することを目指しております。
当社は、東京証券取引所に上場する企業としてこの趣旨を尊重し、当社の単元株式数を 1,000株から 100株に変更するものであります。

売買単位当たりの価格水準の維持

単元株式数の変更後も、当社株式の売買単位当たりの価格水準を維持するため、東京証券取引所が望ましいとする投資単位の水準(5万円以上 50 万円未満)を考慮し、当社株式について 10 株を1株に併合(以下「本株式併合」といいます。)するとともに、本株式併合の割合に応じて、当社の発行可能株式総数を 51 億株から5億1千万株に変更するものであります。

売買単位を100株に統一することが決まっているようですね。今日現在のANA株は一株349.4円です。349.4円の100倍は34,940円。このままだと、東京証券取引書が望ましいとする投資単位の水準を維持できないための併合ということなんですね。


わかったようなわからないような。。。

変更時期

来月の株主総会の承認を経て9月から。


影響は?

個人的には。。。無いようです。株主優待券も配当金も変わらないようなので、ひとまず安心です。長期にわたる影響なんて、私にわかろうはずはありません。

最後に

年間配当金
期末 合計
前回予想(平成 29年4月 28日発表) 6.0円 6.0円
今回修正予想 60.0円 60.0円
当期実績 ―
前期計画(平成 29年3月期) 6.0円 6.0円

配当金も10倍になるので、本当に影響は無いようなのです。

逆に言えば損も得もないことに、ちょっとうろたえてしまう、株に手を出さ無いほうが良い典型例のご報告でした。