読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハワイ旅行を目指すセコマイラーのつぶやき

2017年陸マイラーデビュー。セコいポイント集めと、たまにクレカや旅行について綴っていきます。

2017年修行をするかも

旅行

先日、友人と四方山話の食事をしました。

友人もANA VISAゴールドカードを作り、現在ポイントを集めている最中です。
来年修行の予定でした。

でも、今年は東京に3回行くことが決まっていること、ニューヨークがユナイテッドで決まったことを踏まえ、前倒しして今年修行をするかもしれないと申します。

その辺りの検証をしてみることにしました。

といっても、国際線のチケットはどの予約クラスなのかまだわかりません。検証といっても、参考程度です。



ニューヨークまでは成田発のユナイテッドで行きます。スターアライアンスだからPPもつきます。

私はANA運行以外でPPを意識したことがないので、ユナイテッドでもANAでも同じかどうか、自信がないのですけども。


国際線はツアーだから一番低いクラスとして見積もるのが無難でしょう。



とすると積算率30%。基本マイレージ6,723の30%は2,016マイル、路線倍率0倍、搭乗ポイント0で、2,016PP。国内線は岩国ー羽田の基本マイレージが457。国際線に乗りぐつわけだから、倍率は100%、路線倍率は2倍、搭乗ポイントは0で916PP。計2,932、往復で5,864PP。

羽田から沖縄にプレミアムクラスで往復したとしたら5,720PPだから、ちょっと多いくらい。。。

寂しくなったので、倍率50%で計算しなおすと3,361+916=4,277PP。
ちょっと元気になりました。それでも往復で1万PPには届きません。



距離を乗ってもPPが多くもらえるわけではないのがよくわかります。



他に東京へ3回、プレミアムクラスで往復したとしても1,542×6=9,072PP。実際には往復プレミアムクラスは無理なので、1,542+1,085(特割)×3=7,881PPが良いところでしょう。そうすると高めに見積もっても16,435PP。ブロンズにさえ届きません。残りを修行するとしても、やっぱり今年は厳しいかな〜。



でも、逆に言えば16,000PPに残りを積み上げていく計算でいけば、来年また一から始めるよりも効率がいいかもしれません。残り34,000PPを獲得できるかどうかは、時間とお金の相談になってきます。


そんな計算を何故第三者である私がここでしているかと言えば、。。。?


何回か一緒に飛んじゃおうかな〜とライトな気分で思っています。

東京ー羽田の単純往復ではなく例えばSINタッチなんかいいんじゃない?
実は一度やってみたかったんですよ。時間の関係で無理だったけど、やってみたかった。それを便乗してやってしまおうかな〜、なんて。

それに今年一応プラチナ会員だから、私が一緒だと友人にもメリットがあります。

この案、考え出すとなんだかすごく良さそうに思えてきて、本当にやってしまいそうです。現実には時間の制約やらいろいろあって難しいですけど。

でも、これって修行じゃないですよね。単なる旅行、そう思うとすごく慌ただしい旅行になりそうです。