ハワイ旅行を目指すセコマイラーのつぶやき

2017年陸マイラーデビュー。セコいポイント集めと、たまにクレカや旅行について綴っていきます。

ユナイテッド航空エコノミーPLUS

引き続きユナイテッド航空についてです。

同行者が腰が悪いので前方の席にした、と聞きました。前方の席といえば、ビジネスかエコノミーPLUSですね。現実的に考えるとエコノミーPLUSかなと思っていました。友人は前にある足元が広いエコノミー席ではないかと言っていましたが、エコノミーPLUSを予約したとの確認がとれました。

いくらの追加料金だったのかは聞いていません。ユナイテッド航空のエコノミーPLUSには過去に乗ったことことがあります。

shue-a.hatenablog.com



エコノミーPLUSに追加料金を払ってまで乗る必要はないかなぁと個人的には思いました。

でも、いろんなブログを見ると、エコノミーPLUSにして良かった、という記事がたくさんあるので、少しでも足元が広いといメリットは大きいのでしょう。


そこらあたりは感覚ですね。なにせセコマイラーですから、そのあたりもセコいです(爆)

エコノミーPLUS、他にメリットがあるかを調べてみました。

少し広い足元の空間で、長い旅を快適に。

レッグルーム(足元の空間)に余裕があるフライトで、気持ちよく旅を始めましょう。次回のフライトに、または1年間、利用できる全てのフライトに、エコノミープラスを購入しませんか。ゆったりとした空間で仕事やリラックスも快適にでき、キャビン前方のお席で目的地到着後は早めに降りられるなど、さまざまな特典があります。プレミア資格対象ドルをご獲得いただけます。補足情報1

マイレージプラス・プレミアプラチナおよびそれより上位の会員のお客様は、ご本人様と最大8名のご同伴者様の座席を事前に追加料金なしでご予約いただけます。プレミアゴールド会員のお客様は、ご本人様とご同伴者1名様の座席を事前に追加料金なしでご予約いただけます。プレミアシルバー会員のお客様とご同伴者1名様は引き続き、チェックイン時に、空席がある場合に限り、追加料金なしでエコノミープラスの座席にアップグレードできます。

ベーシックエコノミー航空券で旅行されるお客様は、エコノミープラス席をご利用いただけませんのでご注意ください。

足元が広い、優先的に降車できる。前の方の席ですから、当たり前といえば当たり前。メリットといえばメリットです。


ANAのプレミアムエコノミーだともう少しプレミアム感があるようです。

ワンランク上の余裕のフライト、「プレミアムエコノミー」。ゆったりとしたシートでは、レッグレストやフットレスト、ユニバーサル電源、USBポートなどの快適にお過ごしいただける機能が充実しています。

プレミアムエコノミーだと優先チェックインやラウンジの使用もできます。まさに「プレミアム」エコノミーなんですね。

でも、ユナイテッドのエコノミープラスは優先チェックインもなければランジ使用もできません。エコノミー「プラス」なんですね。

エコノミーPlusを予約したと聞いたときには、4人一緒にランジ利用出来るかもしれない、と思ったのですが、無理なようです。ということは、私のアップグレードポイントを使ってANAラウンジに行くか、ラウンジ利用を諦めるか。友人と2人だけでラウンジに行くのは、気が引けますし。。。

優先搭乗は集団行動を要求される団体旅行なので諦めています。あまり必要性も感じません。ひとりだけ優先搭乗をしても、待っている時間が長いだけですからね。

プラチナ会員やSFC会員の方々の旅行記を拝見すると、お一人で、またはご家族での旅行記ばかりのように思えるのは、家族以外との旅行にはあまりメリットがないという証かもしれません。特にSFCは家族会員となることで、共に上級会員としての待遇を得られるのがいいですね。もちろん、私も家族との旅行では、そのメリットを利用させていただきますよ。

でも、こんな団体旅行、家族以外との旅行ではあまりメリットがないなぁ、という残念な結果になりました。

今考えているのは、友人の荷物も私と一緒に預けて、プライオリティタグをつけてもらう、ということぐらいです。
当日、受け付けてもらえるかどうか、挑戦してみようと思っています。